【実体験あり】MidWorks(ミッドワークス)の特徴や良い評判/悪い評判を実体験を踏まえて解説
この記事でわかること
  • MidWorks(ミッドワークス)の特徴
  • MidWorks(ミッドワークス)がおすすめな人/おすすめでない人
  • MidWorks(ミッドワークス)の良い評判/悪い評判
想定する読者の例
  • フリーランスエンジニアになることを考えている。
  • MidWorks(ミッドワークス)の特徴や評判を知りたい。
  • フリーランスエージェントの評判を知りたい。

本記事では、MidWorks(ミッドワークス)の特徴や良い評判/悪い評判について、実体験を踏まえて解説します。
フリーランスへの転身を考えている方やフリーランスエージェント選びをしている方は、参考にしていただければ幸いです。

フリーランスエージェント、またはエンジニア転職におすすめの転職エージェント・転職サイト・企業口コミサイトについては、以下記事をご覧ください。

MidWorks(ミッドワークス)の特徴

MidWorksは、IT系のフリーランスエンジニア・Webデザイナー専門のフリーランスエージェントです。

MidWorksの特徴は、何といっても正社員並みの手厚い保証があることです。
給料保証や交通費支給など、他のエージェントにはない手厚い保証があります。

一方で、高単価案件をメインで売り出しているわけではないため、実務経験が2年以上あり高単価案件を求める方は、レバテックフリーランスがおすすめです。

レバテックフリーランスの特徴・良い評判/悪い評判については、以下記事にまとめておりますので、興味があればご覧ください。

以下に特徴やおすすめな方・おすすめでない方をまとめます。

特徴
  • 正社員並みの保証があるフリーランスエージェント
  • 60%の給与保証制度・通勤費支給などの手厚い保証がある。
  • マージンが公開されておりクリーンである。
おすすめな方
  • 実務経験のある方(1年程度)
  • エンジニア/Webデザイナーとしてフリーランスをやりたい方
  • 正社員並みの安定を求める方
おすすめでない方
  • 実務未経験・実務経験1年未満の方
  • 50歳以上の方

案件紹介までの流れ

  1. 無料会員登録
    生年月日・名前・メールアドレス・電話番号を入力
  2. メールでの案内
    電話ヒアリングの案内・今後の進め方・スキルシート送付の連絡
  3. 電話ヒアリング
    案件の希望条件や経歴の確認
  4. キャリアアドバイザーとの面談
    キャリアアドバイザーと希望条件の確認や経歴の深堀
  5. 案件検索・担当者からの案件紹介

良い評判・口コミ

実体験を踏まえて、良い評判・口コミは以下です。

良い評判・口コミ
  • 給与保証や交通費支給など、正社員並みの保証がある。
  • 実務経験が1年程度でも相談ができる。
  • マージンが公開されている(一律20%)。

給与保証や交通費支給など、正社員並みの保証がある

MidWorks最大の特徴は、正社員並みの保証があることです。

給与保証(審査有り)や交通費支給、会計ソフトfreeeのスタンダードプランが無料で使える経理支援など、他のエージェントにはない手厚い保証があります。

特に安定を求めたい方は、登録すべきおすすめのフリーランスエージェントです。

実務経験が1年程度でも相談できる

実務経験1年程度では案件が少ないエージェントもありますが、MidWorksでは実務経験が1年程度の方も相談可能で、案件が決まっているとの声も多いです。

実務経験1年程度でもフリーランスになることは可能ですが、個人的には実務経験2年以上積んでからフリーランスになることをおすすめしております。

フリーランスになるために何年の実務経験を積むべきかについては、以下記事にて紹介しております。

マージンが公開されている(一律20%)

案件単価・マージンが公開されており、クリーンなエージェントです。

マージンが非公開のエージェントも多いですが、公開されていることにより自身の仕事に対する価値も理解しやすく、安心して案件に取り組めます。

悪い評判・口コミ

実体験を踏まえて、悪い評判・口コミは以下です。

悪い評判・口コミ
  • 登録時の面談が複数回に分かれており、連絡が非効率である。
  • 他エージェントと比べて案件数が少ない。
  • 首都圏(一都三県)/関西圏(大阪/兵庫/京都/滋賀)以外の地方の案件が少ない。

登録時の面談が複数回に分かれており、連絡が非効率である

案件紹介までの流れからもわかるように、案件探しに至るまでに担当者の面談が2回あり手間を感じました。

1度目の電話ヒアリングでは、技術スキルのない方にヒアリング対応されて、必要性がわからず無駄だと感じました。

他エージェントと比べて案件数が少ない

レバテックフリーランスと比較すると、案件数が5〜10倍程度少ないです。

そのため、案件を途切れさせないためにも他のフリーランスエージェントと併用することをおすすめします。

おすすめのフリーランスエージェントは以下記事にまとめております。

首都圏(一都三県)/関西圏(大阪/兵庫/京都/滋賀)以外の地方の案件が少ない

MidWorksは現状で首都圏と関西圏に特化しており、それ以外の地方の案件は少ないです。

地方案件を求めている方は、PE-BANKと併用することがおすすめです。

他エージェントとの比較

MidWorksについて、給料保証や交通費支給など、他のエージェントにはない正社員並みの手厚い保証があるエージェントです。

フリーランスが初めての方や正社員並みの手厚い保証を求める方には、特におすすめできます。

一方で、高単価案件を求めていて、かつ実務経験が2年以上ある方は、レバテックフリーランスがおすすめです。

実務経験の年数に関わらず、フリーランスとして案件を途切れさせないためにも、複数のフリーランスエージェントに登録しておくことが一般的であるため、個人的におすすめな「レバテックフリーランス」や「テックビズフリーランス」などにも登録しておくことがおすすめです。

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェントについては、以下記事にまとめております。
フリーランスになるための必要な実務経験などの話も記載しております。

まとめ

特徴
  • 正社員並みの保証があるフリーランスエージェント
  • マージンが公開されておりクリーンである。
おすすめな方
  • 実務経験のある方(1年程度)
  • エンジニア/Webデザイナーとしてフリーランスをやりたい方
  • 正社員並みの安定を求める方
おすすめでない方
  • 実務未経験・実務経験1年未満の方
  • 50歳以上の方

最後に

今回はITフリーランスエージェント「MidWorks」の特徴、良い評判/悪い評判を実体験を踏まえて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
記事に対する感想や記事のリクエストについては、お問い合わせからいただけると幸いです。

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェントや転職エージェントに興味がある方は、以下記事をご覧ください。