【実体験あり】レバテックフリーランスの特徴や良い評判/悪い評判を実体験を踏まえて解説
この記事でわかること
  • レバテックフリーランスの特徴
  • レバテックフリーランスがおすすめな人/おすすめでない人
  • レバテックフリーランスの良い評判/悪い評判
想定する読者の例
  • フリーランスエンジニアになることを考えている。
  • レバテックフリーランスの特徴や評判を知りたい。
  • フリーランスエージェントの評判を知りたい。

本記事では、レバテックフリーランスの特徴や良い評判/悪い評判について、実体験を踏まえて解説します。
フリーランスへの転身を考えている方やフリーランスエージェント選びをしている方は、参考にしていただければ幸いです。

フリーランスエージェント、またはエンジニア転職におすすめの転職エージェント・転職サイト・企業口コミサイトについては、以下記事をご覧ください。

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスは、登録者数No1、利用者の平均年収が850万円を超えるIT特化のフリーランスエージェントです。

エンジニアとしてフリーランスをやりたい方にとって、一番に登録すべきフリーランスエージェントです。

ITの専門性が高いエージェントであり、業界や技術に関する知識が深いテクニカルカウンセラーに相談できるため、スキルレベルに対する市場価値や対応できる案件レベルに対する理解も高いです。

私自身も担当者と面談してみましたが、技術に関する知識理解がある方だと感じました。

一方で、実務経験が浅い方は案件の紹介がされない場合があります。
実務経験が浅い方は、MidWorksテックビズフリーランスがおすすめです。

以下に特徴やおすすめな方・おすすめでない方をまとめます。

特徴
  • 登録者No1で平均年収850万円を超えるIT業界最大のフリーランスエージェント
  • 業界最大級の案件を保有している。
  • 担当者の業界や技術に関する知識が深く、希望に近い案件が紹介されやすい。
おすすめな方
  • 実務経験2年以上の方
  • IT業界でフリーランスをやりたい方
  • 高単価の案件を求めている方
おすすめでない方
  • 実務未経験・実務経験2年未満の方
  • スキルレベルが低い方

案件紹介までの流れ

  1. 無料会員登録
    希望の働き方・生年月日・名前・メールアドレス・電話番号を入力
  2. 希望条件の入力
    メールが届き、希望条件の入力を求められる。自身のスキルについてもここで入力する。
    ⇒ここでスキルが低い場合は、登録できず案件が紹介されない場合がある。
  3. 電話での案内
    ビデオカウンセリングの案内・今後の進め方の連絡を受ける。
  4. メールでの案内
    ビデオカウンセリングの日程調整・一部出社必要な案件でも対応可能かフルリモート案件のみ希望かの確認
    ⇒可能にしない場合は、登録が断られる可能性もある。スキルが高い場合は問題ないかもしれませんが、基本は一部出社は許容しておくことがおすすめ
  5. スキルシートの作成
    指定フォーマットのスキルシートを作成する。
  6. 1時間程度のビデオカウンセリング
    ビデオカウンセリングにて、経歴・スキルレベルの確認/深堀や希望案件のヒアリングがある。
  7. レバテックプラットフォームにて案件探し、必要に応じて担当者へ相談など

良い評判・口コミ

実体験を踏まえて、良い評判・口コミは以下です。

良い評判・口コミ
  • 案件が豊富で、高単価案件が多い。
  • 担当者の業界や技術に関する知識が深く、希望に近い案件が紹介されやすい。
  • レバテックプラットフォームが使いやすい。

案件が豊富で、高単価案件が多い

業界最大級のフリーランスエージェントなこともあり、案件が豊富で高単価案件も多いです。

ITフリーランスとして案件を探す場合は、ひとまず登録すべきエージェントです。

担当者の業界や技術に関する知識が深く、希望に近い案件が紹介されやすい

専門性の高いエージェントなため、担当者の業界や技術に関する知識が深く、求めている案件が紹介されやすいです。

技術に詳しくない場合だと希望とずれた提案も多く困ることがありますが、その心配が少ないのはとても大きなメリットだと感じました。

また、経験年数だけでなく経験した業務内容を深堀していただけるため、自身の経験にどういうところが足りないか、どういうスキルがあればより高単価を狙えるかなど、将来を見据えた話もできるのも良い点だと感じました。

レバテックプラットフォームが使いやすい

登録後はレバテックプラットフォームを使って案件を探すのですが、そこでは募集中の案件数や案件単価の分布などの市場分析も確認することができて便利です。

自身の伸ばしていくスキルを見極めるために、市場理解をすることは大切で非常に役に立ちます。

悪い評判・口コミ

実体験を踏まえて、悪い評判・口コミは以下です。

悪い評判・口コミ
  • 実務経験が浅い方は、案件紹介がされない場合がある。
  • 地方案件は少ない。
  • 職種によってはフルリモート案件が少ない。

実務経験が浅い方は、案件紹介がされない場合がある

実務経験1年程度の方向けの求人は少なく、場合によっては案件の紹介がされないことがあります。

最低でも実務経験を2年以上積んでから利用することをおすすめします。

フリーランスになるために何年の実務経験を積むべきかについては、以下記事にて紹介しております。

地方案件は少ない

IT業界全体に言えることですが、地方案件は少ないです。

IT業界として、新しい技術やスキルを使った仕事は首都圏に集中している傾向があり、その場合は地方で案件を探すことは難しいかもしれません。

地方案件を求めている方は、PE-BANKと併用することがおすすめです。

職種によってはフルリモート案件が少ない

PM・PdMなど、職種によっては週2,3回出社が必要であるフルリモート案件でないことが多いです。

ただし、これはレバテックフリーランスに限ったことでなく、どのエージェントにも言える話のため、あまり悪い面でもないかと思います。

他エージェントとの比較

レバテックフリーランスについて、業界最大級の案件数・高単価案件数を有しており、担当者の専門性も高く、希望案件のマッチ率が高いエージェントです。

実務経験が2年以上ある方は、とりあえず登録しておくべきと言えるほど、特におすすめできます。

実務経験が1年程度の経験が浅い方には向かないため、そのような方には「MidWorks」や「テックビズフリーランス」がおすすめです。

実務経験の年数に関わらず、フリーランスとして案件を途切れさせないためにも、複数のフリーランスエージェントに登録しておくことが一般的であるため、個人的におすすめな「MidWorks」や「テックビズフリーランス」などにも登録しておくことがおすすめです。

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェントについては、以下記事にまとめております。
フリーランスになるための必要な実務経験などの話も記載しております。

まとめ

特徴
  • 登録者No1で平均年収850万円を超えるIT業界最大のフリーランスエージェント
  • 業界最大級の案件を保有している。
  • 担当者の業界や技術に関する知識が深く、希望に近い案件が紹介されやすい。
おすすめな方
  • 実務経験のある方(最低1年以上、基本的には2年以上はあった方が良い)
  • IT業界でフリーランスをやりたい方
  • 高単価の案件を求めている方
おすすめでない方
  • 実務未経験・実務経験2年未満の方
  • スキルレベルが低い方

最後に

今回はITフリーランスエージェント「レバテックフリーランス」の特徴、良い評判/悪い評判を実体験を踏まえて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
記事に対する感想や記事のリクエストについては、お問い合わせからいただけると幸いです。

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェントや転職エージェントに興味がある方は、以下記事をご覧ください。